Instagram

新着記事

Thumbnail of new posts 194

: 守谷市

四季の里公園の紫陽花は見頃でした2024

四季の里公園へ雨上がりの紫陽花と花菖蒲の撮影に行ってきました。 用があってちょこ ...
Thumbnail of new posts 137

: 桜川市

雨引観音の紫陽花見頃でした2024

久しぶりに雨引観音に行ってきました。 前回訪問したのは12年前でした。 紫陽花の ...
Thumbnail of new posts 155

: 千葉県

あけぼの山農業公園では紫陽花が見頃2024

あけぼの山農業公園に花菖蒲と紫陽花の開花具合を見に行ってきました。 水生植物園へ ...
Thumbnail of new posts 012

: 守谷市

四季の里公園の花菖蒲は見頃でした2024

守谷市四季の里公園へ花菖蒲と紫陽花の撮影に行ってきました。 花菖蒲はほぼ見ごろに ...
Thumbnail of new posts 058

: 東京都

水元公園の花菖蒲は見頃でした2024

最後の訪問地、水元公園。 しょうぶ沼公園の近くのステーションで自転車を借りて、水 ...

月間カレンダー画像販売中

noteにて販売中!
こちらから

科学万博記念公園のイチョウ並木2023

科学万博公園にイチョウ並木を撮影に行ってきました。

紅葉の撮影のおすすめの場所の募集をしたところ「科学万博公園」をお勧めされました。
時期的に「遅いかも」と言われましたが、時すでに遅しで撮影できなければ近くのガトープーリアでエクレア買って帰るのもよし、そのまま高崎自然の森に行ってトウカエデの紅葉を撮影してもよしということで行くことにしました。

万博公園で情報を探すと大阪の万博公園がヒットします。
今はやりのGoogleBardやMicrosoftのcopierrotのAIに任せて情報収集すると、訳の分からない状態になります。

科学万博公園の最初の難関は、駐車場に車を止めること。
駐車できる台数が多いのですが、訪れる方が多いのでタイミングが良くないと空いていません。
そのため前回の撮影の時はバイクでやってきました。
今回は寒い、と言っても例年の寒さではありませんが車でやってきました。

9時前の到着で駐車場に入るのに並んでいる車はありましたが、まだ空きがあったのですんなりと駐車することができました。

すでに落葉しているイチョウの木が見られます。

北側は落葉して葉っぱが少なくなっていますが、南側はまだまだ黄色い葉が残っていました。

広がるイチョウの葉が陽光を浴び、その美しい黄金色が澄んだ青空と相まって、心を打つほどの美しい景色が広がっています。

イチョウと青空の美しさは、その対比の美しさにあります。イチョウの黄色は、色相環で見ると青の反対側にある色です。そのため、イチョウの黄色と青空の青色は、互いに引き立て合い、より鮮やかで美しく見えます。

黄金色に輝くイチョウの葉が、青空に浮かぶ。まるで、宝石をちりばめたかのような、美しい景色でした。

静かな中、誰かが巧みに手でイチョウの葉を操り、大胆で美しいハートを描いていました。

ぽっちゃん湖ではカモがたくさんいました。

科学の門。

イチョウ並木では、多くの人で賑わっていました。各自が思い思いの瞬間をカメラに収め、その活気ある様子が微笑ましく映りました。特に、犬の写真を撮る方が子供の写真を撮る方よりも多かったことには、時代の変遷が影響しているのかなと感じ入りました。

人が多い場所では、自分の理想的な構図で写真を撮るのはなかなか難しいものです。通常は望遠レンズを用いることが多いのですが、今回のような美しい木々の風景には超広角レンズが適していると感じ、それを持ち出しました。人が退場するのを辛抱強く待ちつつ、慎重に撮影を試みましたが、自分が納得のいく写真は意外にも少なかったです。

正直なところ、広角レンズは得意ではなく、そのために少し手こずりました。しかし、風景の美しさと他の訪れた人たちの楽しさを感じながら、できる限り柔らかい表現で写真を撮ることに心を尽くしました。

帰り道エクレアで有名なガトープーリアに立ち寄りましたが、すでに150程度の整理券を配布しており、並んでも買えない可能性があるとのアドバイスを頂きました。残念ながら大好きなエクレアは諦めて家に帰ることにしました。

踏んだ銀杏がついたまま車に乗ってしまって車の中が銀杏臭くなりました。皆様、踏んだ銀杏は車に乗る前に落として乗りましょう。

撮影地情報では過去の開花状況を記号で表しています。
月日の横にある印は下のように花の状態を個人的な主観で評価しています。
撮影や鑑賞の参考にして下さい。

□ △ ○ ◎ ● ▲ ■ ☓
まだ-----満開------終わり

時期については見頃等を独断で決めており、天候により大きく変わりますので、公式サイト等正確な情報を入手してください。

おすすめ記事

スポンサーリンク

プロフィール

茨城県南部や千葉県北部のお花の名所・観光地、独自に見つけた場所を紹介しています。オススメの撮影ポイントとかレビューの質問等コメントはお気軽にどうぞ。Twitterもやっていますので、お気軽にお声をかけて下さい。
自己紹介問合せInstagramTwitter

たったのあーもん新着記事